歴代住職

開山物外和尚略伝

開山物外和尚略伝

物外和尚は、建長寺第十二世大応国師南浦紹明に随侍しその印証を受け、元応二年(1320年)中国(元)に渡って仏学を修め元徳元年(1329年)帰国して、大宰府の崇福寺に住していたが、その後、北条氏に招かれて建長寺に移り、第三十七世住持となった高僧である。
晩年の文和2年(1353年)立川氏に招かれて普濟寺を開創、貞治二年(1363年)十二月八日、建長寺天源庵で入寂した。
世寿不明、法臘七十八。寂後、真照大定禅師と勅諡せられた。普濟寺第三世直庵啓端和尚(建長寺第百十九世)はその法嗣である。

住職名 歿年月日 備考
開山 物外可什大和尚(勅謚真照大定禅師) 貞治2年12月8日 建長寺37世
2世 蔵海性珍和尚 応永16年6月11日 建長寺67世、円覚寺56世
3世 直菴啓端和尚 応永18年12月1日 建長寺119世
4世 桃源宗悟和尚 永徳2年9月4日  
5世 不傳和尚    
6世 天叟宗祐和尚 元和7年10月15日 建長寺177世
7世 機雲宗応和尚 元和6年10月28日  
8世 大年宗揚和尚 慶安4年9月6日  
9世 乾竜玄嘉和尚 慶安5年6月18日  
10世 北堂玄江和尚 元禄7年2月14日  
11世 月潭玄円和尚 享保21年2月14日  
12世 一外碩関和尚 宝永6年6月14日  
13世 大拙碩雄和尚 宝永7年3月27日  
14世 顕谷宗揚和尚 正徳4年10月21日  
15世 瑞溪宗珍和尚 宝暦2年4月8日  
16世 万水碩鉄和尚 宝暦13年3月23日  
17世 広州宗勇和尚 文化5年6月22日  
18世 謙宗義牧和尚 天明4年10月16日  
19世 南昌智喬和尚 文政3年6月12日  
20世 ビン嶺了廓和尚 天保5年1月10日 文字:ビンは門構えに虫
21世 太嶺白皓和尚 明治元年12月21日  
22世 海応智鳳和尚 明治5年1月18日  
23世 維船智亮和尚 大正5年6月12日  
24世 芙山至敬和尚 昭和24年4月4日  
25世 孤山重泰和尚 昭和51年7月27日  
26世 寿翁重昌和尚 平成10年2月15日  
27世 天外重典和尚 現住